暇つぶしに最適なゲームアプリ

​素人でもだれでもゲームを作ることができるアプリがあります。 自分で設定をし、マップを作成し、ストーリーを作れるアプリです。 ゲームクリエイターを目指したいけれど、技術も経験もなく、どこから始めれば良いかわからない、という方はここからスタートしてみては?

​会社に就職していろいろな経験を

​組織に所属し、環境が整った中でゲームクリエイターを目指すならば、ゲームソフト開発会社への就職を考えてみてはいかがでしょうか。 経験が積める上、ゲームを作ることだけではなく、ゲームに関するいろいろな勉強ができて、将来フリーになった時に役立つかもしれません。

前職まったく関係なし!センスが大事

​これまでゲームクリエイターとはまったく無関係の職業であったとしても、本人のセンスと実力とやる気があれば、いろいろとその道で活躍できるチャンスはあるようです。 とはいえ、早いうちに技術を叩き込んでおくに越したことはありません。 多く求められるのは専門学校卒のようです。

素人でも大丈夫!ゲーム作成アプリ

​通勤や通学で電車やバスに揺られているとき。
別に眠くはないけど、本を読む気分ではないとき。
スマホのゲームアプリは最高の暇つぶしになりますよね。
筆者はたまに楽しむ程度なのですが、脱出ゲームが大好きで、夢中になって暇つぶしではなくなってしまったことが何回かあります。
面白いなと感じたゲームをきっかけに、同じクリエイターが開発したものを探して、一通り遊んでいます。
今では、お気に入りのクリエイターが新作を出すのが楽しみで、その都度さらに面白くなるゲームに感心してしまいます。
遊ぶ側だとあまり意識はしてませんでしたが、良く考えればこれは凄いことだと思います。
ゲームに限らず音楽や小説もそうですが、自分が作ったものを名前も顔も知らない人が楽しんでくれて、もっと言えばお金を払ってくれるなんて、クリエイターとして感無量のことではないでしょうか。
これを読んでいる方の中には、そんなゲームクリエイターになりたい方がいらっしゃるかもしれませんし、彼らはきっとこの意見に深く頷いてくれると思います。

さて、今回はアプリ作成に携わるスマホのゲームクリエイターになるにはどうすればよいのか、というテーマなので、ゲームクリエイターになりたい方々が参考にできる記事になっているはずです。
しかし調べていて感じたことは、こういった人を楽しませるお仕事というのは、目標に向かってどう行動するかというよりは、その人の持っている技術やセンスが大衆に受けるかどうか、ということが非常に重要なのだということです。
来たるチャンスを掴むために、センスを磨きましょう。


TOP